大阪市交通局職員募集について

  大阪市交通局では、輸送の安全を追求し続けることはもちろんのこと、民営化により、多様な事業展開をはじめ、質の高いサービスと新たな価値を創造できる企業を目指しており、民間企業等での多様な知識、経験をお持ちの方や、安全・安心・快適な輸送サービスの提供に即戦力として活躍していただける方を求めています。  (応募の受付は終了しました)

 
   1 試験区分・採用予定者数・受験資格・採用予定日
 
 試験区分 採用予定者数 受験資格 採用予定日
区分A 運輸職員 若干名 ・学校教育法による大学(短期大学を除く。)を卒業した方。
・平成29年3月31日現在で、民間企業等の実務経験(自営業、公務員等としての実務経験を含む。)が3年以上となる方。(常時勤務を要する者に限る。)
平成29年
4月1日
技能職員 土木 
電気
機械
建築
区分B 駅務職員 20名程度 ・学校教育法による高等学校を卒業した方。(大学・短大・高専を卒業した方も受験可)
「動力車操縦者運転免許に関する省令」に定める身体的条件を備えている方。
※ ただし、技術員については、1(1)の視力(矯正視力含む)は、両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上とする。また、土木については、1(4)を除く。
平成29年3月31日現在で、駅務の実務経験が3年以上となる方。(常時勤務を要する者に限る。)
技術員 土木 若干名  平成29年3月31日現在で、鉄道事業での技術関係現場業務で実務経験が3年以上となる方。(常時勤務を要する者に限る。)
電気 若干名
機械 若干名
 
   

上表の受験資格をすべて満たす方がこの試験を受けることができます。ただし、職員の定年に関する条例に基づき、平成29年4月1日現在、60歳以上の方及び地方公務員法第16条各号に該当する方は受験できません。

事業計画により採用予定者数が変更になる場合があります。
・  民営化時には、選考により新会社(グループ会社を含む。)の正社員として採用する予定です。 
・  実務経験について、最終合格後に在職証明書等の提出を求めることがあります。 
     
   2 職務内容
   
試験区分 職務内容
区分A 大阪市交通局の運輸関係業務または技術関係業務に従事します。
運輸職員 鉄道運輸・事業開発・企画・財務・営業及び総務・人事などの幅広い分野の業務に従事します。 
技能職員 土木 地下鉄の建設改良に係る施工監理のほか、地下鉄の路線計画・需要動向分析に基づく施策立案、土木施設(軌道・トンネル・橋梁等)の長寿命化や防災など戦略的な維持管理計画の策定など、先進的で社会のニーズに合わせた地下鉄土木技術に係る企画・設計・調査研究などの技術的業務に従事します。  
電気 地下鉄の電気設備(信号・通信・電力設備等)や車両機器(制御装置・主電動機等)に関して、施工監理及び保守管理などのほか、更なる省エネルギー化及び安全性・信頼性の向上など、先進的で社会のニーズに合わせた企画・設計・調査研究などの技術的業務に従事します。 
機械 地下鉄の機械設備(換気・空調等)や車両機器(車体・台車等)に関して、施工監理及び保守管理などのほか、更なる省エネルギー化及び安全性・信頼性の向上など、先進的で社会のニーズに合わせた企画・設計・調査研究などの技術的業務に従事します。 
建築 地下鉄の建築施設(地下鉄駅舎・事務所・工場等)の改造等並びに地下鉄事業以外の建築施設の活用(駅ナカ等)や所有資産の有効活用などに関して、施工監理及び保守管理などのほか、先進的で社会のニーズに合わせた企画・設計・調査研究などの技術的業務に従事します。  
区分B 駅務職員 駅業務・車掌業務・運転業務など、地下鉄の運輸関係業務に従事します。
技術員 土木 地下鉄の土木施設(軌道・トンネル・橋梁等)の点検・補修業務及び施工監理などに従事します。
電気 地下鉄の電気設備(信号・通信・電力設備等)や車両機器(制御装置・主電動機等)の点検・整備業務及び施工監理などに従事します。  
機械 地下鉄の車両機器(車体・台車等)や機械設備(換気・空調等)の点検・整備業務及び施工監理などに従事します。  
 

 3 試験日程・試験方法

 
 日程(予定)  試験方法  備考
区分A 書類選考 平成28年11月17日(木曜日)から
平成28年11月29日(火曜日)まで
  書類の審査を行います。
第1次試験 平成28年12月18日(日曜日)  択一式試験(*1)
小論文

*1 運輸職員は一般教養。技能職員は一般教養

  及び専門知識に関する問題。

第2次試験 平成29年1月上旬 個別面接
適性検査
 
第3次試験 平成29年2月上旬 個別面接  
区分B 書類選考 平成28年11月17日(木曜日)から
平成28年11月29日(火曜日)まで
  書類の審査を行います。
第1次試験 平成28年12月18日(日曜日)

 択一式試験 (*2)

作文

*2 駅務職員は鉄道に関する問題。技術員は鉄

   道に関する問題及び専門知識に関する問題。

第2次試験 平成29年1月上旬

個別面接

適性検査
身体検査

 

※第1次試験において択一式試験の得点が一定基準に満たない場合は、小論文もしくは作文の採点は行いません。

※各試験の詳細については受験票等で通知します。 

 
 4 合格発表
 

試験 

発表日(予定) 

発表方法 

区分A 書類選考 平成28年12月上旬 合否に関わらず選考結果を通知(郵送)します。 
第1次試験 平成28年12月下旬

合格者に通知(郵送)するほか、合格者の受験番号を交通局ホームページに掲載します。

不合格者への通知は行いません。

第2次試験 平成29年2月上旬
第3次試験 平成29年2月中旬
区分B 書類選考 平成28年12月上旬 合否に関わらず選考結果を通知(郵送)します。  
第1次試験 平成28年12月下旬

合格者に通知(郵送)するほか、合格者の受験番号を交通局ホームページに掲載します。

不合格者への通知は行いません。 

第2次試験 平成29年2月上旬
 
 5 給与等(以下の内容は改定等により変更されることがあります。)
 

平成28年4月1日現在の初任給(地域手当(給料月額の15%)を含む。)は、区分Aは大学卒221,720円、大学院卒238,855円です。区分Bは、高校卒177,330円、短大卒184,690円、大学卒192,510円です。

  給料月額以外に各種手当(通勤手当、超過勤務手当、期末・勤勉手当、住居手当、扶養手当等)がそれぞれの支給条件に従って支給されます。
  社会保険が適用されます。
  勤務時間は原則として週40時間です。(その他時間外に勤務することがあります。)
  早朝深夜及び泊まり勤務に従事することがあります。
     
 6 受験の手続き
  このページの下部の応募フォームから申し込みをしてください。  (応募の受付は終了しました)
  【受付期間】 
   

平成28年11月17日(木曜日)午前10時00分から平成28年11月29日(火曜日)午後5時00分まで 

     
  【注意事項】
  複数の試験区分に申し込むことはできません。また、同一の試験区分において複数回申し込むことはご遠慮ください。なお、申し込み期間終了後の試験区分の変更はできません。
  メールアドレスが必要になります。
  ドメイン指定を解除してください。(送信元アドレスは、recruit@kotsu.city.osaka.lg.jpです。) 
  ・  使用する機器の不具合や通信障害等によるトラブルについては一切責任を負いません。 
  ・  システム管理等のため、一時的に利用できない場合がありますので、余裕を持って申込手続きを行ってください。 
     
   

申込みの流れ

(1)応募フォームに必要事項を入力してください。

※申し込み後の内容確認はできませんので、画面印刷をするなど、控えを取ることを勧めます。

(2)「OK」をクリックすると完了します。

(3)入力完了後、登録いただいたアドレスへ申込完了メールが届きます。必ず確認してください。

注 応募フォーム入力後、翌日になっても申込完了メールが届かない場合は、大阪市交通局経営管理本部職員部人事課【(06)6585-6798】まで問い合わせてください。

 〈メールアドレスを持っていない方やインターネットでの申し込みが困難な方について〉

封筒の表に「大阪市交通局職員受験申込書希望」と朱書きし、角形2号の返信用封筒(140円切手を貼付、郵便番号とあて先を明記)を同封し、平成28年11月15日(火曜日)(当日消印有効)までに大阪市交通局経営管理本部職員部人事課(採用事務担当)【〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号】まで受験申込書を請求してください。 

     
 7 試験結果の開示
   試験の結果、不合格の場合には、次の要領で申し出ることにより成績を開示します。ただし、それぞれの試験ですべての項目を受験された方に限ります。
 

 (1) 開示する内容

        順位
   (2) 開示の請求ができる期間
        区分Aについては第3次試験合格発表の日から1か月間
   

   区分Bについては第2次試験合格発表の日から1か月間

       ※事前に電話で大阪市交通局経営管理本部職員部人事課【(06)6585-6798】へ連絡してください。
        (午前8時30分~午後5時30分 ※土曜日・日曜日・祝日を除く)
   (3) 開示する場所
        大阪市交通局経営管理本部職員部人事課
   (4) 開示に必要な書類
        顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート又は学生証等)
   
 8 その他
(1) この試験において提出された書類等は、いかなる理由であっても返却できません。
(2) 試験結果についての電話及びメール等による問い合わせは一切お断りします。
(3) 受験に際して収集した個人情報は、大阪市交通局職員採用試験の円滑な遂行のために用い、大阪市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。
(4) 受験資格がないことや申し込みの内容に虚偽があることが認められた場合、又は大阪市交通局職員としてふさわしくない行為があった場合などは合格を取り消すことがあります。
     

 

 

 
 「動力車操縦者運転免許に関する省令(昭和31年7月20日運輸省令第43号)」に定める身体的条件
   1   視機能
 

 (1)

視力(矯正視力含む)が両眼で1.0以上、かつ、一眼でそれぞれ0.7以上であること。
 

 (2)

正常な両眼視機能を有すること。
 

 (3)

正常な視野を有すること。
 

 (4)

色覚が正常であること。
   2  

聴力 

      各耳とも5メートル以上の距離でささやく言葉を明らかに聴取できること。
   3   疾病及び身体機能の障害の有無
      心臓疾患、神経及び精神の疾患、眼疾患、運動機能の障害、言語機能の障害その他の動力車の操縦に支障を及ぼすと認められる疾病又は身体機能の障害がないこと。
   4   中毒 
      アルコール中毒、麻薬中毒その他動力車の操縦に支障を及ぼす中毒の症状がないこと。
 
 
 地方公務員法第16条(抜粋)
   1   成年被後見人又は被保佐人*
   2   禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
   3   当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
   4   人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
   5   日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
 
(*準禁治産者を含む)
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved