大阪市
大阪市交通局
文字サイズ:小さい文字サイズデフォルトの文字サイズ大きい文字サイズ
音声読上・かな表示ツール
市営交通のご利用案内
市営交通事業のご案内&入札・契約情報
交通局事業 >> 経営情報 >> 予算・決算 >> 交通局の予算・決算について

交通局の予算・決算について


平成21年度決算~平成25年度予算
自動車運送事業会計 予算 / 決算 ・ 系統別収支
高速鉄道事業会計 予算 / 決算 ・ 路線別収支
バス事業サービス改善実施状況
高速鉄道事業サービス改善実施状況

最近5ヵ年運輸成績比較表

1.概況

区分

平成21年度
決算

平成22年度
決算

平成23年度
決算

平成24年度
決算

平成25年度
予算

営業
キロ
(年度
末)

自動車

631.2

キロメートル

624.8
キロメートル

595.4
キロメートル

477.0
キロメートル

 476.8

キロメートル

高速
鉄道

129.9
キロメートル

129.9
キロメートル

129.9
キロメートル

129.9
キロメートル

129.9

キロメートル

中量
軌道

7.9
キロメートル 

7.9
キロメートル

7.9
キロメートル

7.9
キロメートル

7.9
キロメートル

鉄軌
道計

137.8
キロメートル 

137.8
キロメートル

137.8
キロメートル

137.8
キロメートル

137.8
キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

2,551,405人

2,515,621人

2,500,767人

2,523,549人

2,464,000人

乗客収入
(年間一日平均)

433,596,189円

429,476,980円

425,878,234円

429,340,205円

442,835,000円


(注) 平成21年度より、特別乗車料については、乗車人員及び乗客収入に計上した。

2.自動車運送事業

区分

平成21年度
決算

平成22年度 
決算

平成23年度 
決算

平成24年度 
決算

平成25年度 
予算

在籍車数
(年度末)

719両

719両

710両

560両

560両

走行キロ
(年間一日平均)

66,765
キロメートル

60,303
キロメートル

59,834
キロメートル

57,295
キロメートル

49,274
キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

231,589人

222,364人

219,400人

216,217人

202,000人

乗客収入
(年間一日平均)

35,198,678円

33,735,266円

33,734,679円

33,808,476円

33,186,000円

備考

 

 

 

 

 

 (注1)平成21年度決算までは貸切バス等を除く。
 (注2)平成21年度より、特別乗車料については、乗車人員及び乗客収入に計上した。 


3.高速鉄道及び中量軌道事業

区分

平成21年度
決算

平成22年度
決算

平成23年度 
決算

平成24年度
決算

平成25年度 
予算

在籍車数
(年度末)

高速鉄道

1,280両

 1,270両

1,280両

1,280両

1,280両

中量軌道

80両

 80両

80両

80両

80両

1,360両

 1,350両

1,360両

1,360両

1,360両

走行キロ
(年間一日平均)

高速鉄道

314,697
キロメートル

 314,926
キロメートル

314,253
キロメートル

313,936
キロメートル

314,093
キロメートル

中量軌道

13,872
キロメートル

 13,792
キロメートル

13,841
キロメートル

13,973
キロメートル

13,875
キロメートル

328,569
キロメートル

 328,718
キロメートル

328,094
キロメートル

327,909
キロメートル

327,968
キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

高速鉄道

2,247,663人

2,222,186人

2,209,199人

2,235,148人

2,191,000人

中量軌道

 72,153人

71,071人

72,168人

72,184人

71,000人

 2,319,816人

2,293,257人

2,281,367人

2,307,332人

2,262,000人

乗客収入
(年間一日平均)

398,397,511円

395,741,714円

392,143,555円

395,531,729円

409,649,000円

備考

 

 

 

 

 

(注)

 

平成21年度より、特別乗車料については、乗車人員及び乗客収入に計上した。  

収益的収支予算・決算概要

自動車運送事業会計(予算)  ・高速鉄道事業会計(予算)

自動車運送事業会計(決算)  ・高速鉄道事業会計(決算)


平成25年度 予算の概要

■平成25年度予算収支 (単位:百万)
 

バス会計

高速会計

合計





経常収益

13,587

161,685

175,272

経常費用

14,056

139,406

153,462

差引経常損益

 △ 469

22,279

21,810

特別損益

 6,456

△ 495

5,961

差引純損益

 5,987

21,784

27,771

累積剰余金(△累積欠損金)

 △ 57,634

37,456

△ 20,178

 

 

 バス会計

 高速会計

合計




 在籍車数(年度末:両)

560

1,360

1,920




乗車人員(人)

202,000

2,262,000

2,464,000

乗客収入(万円)

3,319

40,965

44,284


バス事業

■平成25年度予算の状況

  平成25年度予算の経営収支は、収益が 212億2,600万円、費用が152億3,900万円で、差引59億8,700万円の黒字となっており、前年度第2回補正後予算(収益:196億6,500万円。費用:205億500万円。差引:△8億4,000万円)と比べると 68億2,700万円の収支改善となっています。

  これは、一般会計からの補助金などが減少するものの、人件費や委託費などの経費が減少するほか、固定資産売却益の特別利益が増加することなどによるものである。
  また、特別損益を除いた経常損益は、4億6,900万円の赤字となっているが、前年度第2回補正予算と比べると 35億7,900万円の収支改善となっています。

予算の状況バス

■平成25年度の主な設備投資

 

 

1

億5,100万円

 ●路線施設の改良

 

 

  2,800万円

   大阪駅前バスターミナルの整備

 

 

 

  ●車両機器の更新など

 

 

1

億2,300万円


自動車運送事業会計<予算>(単位:千円)

種別

25年度予算

24年度補正予算

(第2回目)

差引

営業収益

12,325,897

12,858,947

△ 533,050

運輸収益

12,112,742

12,609,051

△ 496,309

運輸雑収

213,155

249,896

△ 36,741

営業外収益

1,261,222

2,102,977

△ 841,755

特別利益

7,638,515

4,702,946

2,935,569

収益計

 21,225,634

 19,664,870

1,560,764

営業費用

13,316,523

18,235,464

△ 4,918,941

人件費

5,384,565

8,192,347

△ 2,807,782

経費

6,825,273

 8,161,555

△ 1,336,282

減価償却費

1,106,685

 1,881,562

△ 774,877

営業外費用

689,609

724,146

△ 34,537

支払利息

213,279

 274,642

△ 61,363

雑支出等

198,619

281,114

△ 82,495

消費税及び
地方消費税

277,711

 168,390

109,321

特別損失

1,182,699

1,495,000

△ 312,301

予備費

50,000

50,000

0

費用計

15,238,831

 20,504,610

△ 5,265,779

当年度損益

5,986,803

△ 839,740

6,826,543

経常損益

 △ 469,013

△ 4,047,686

3,578,673

累積欠損金

 △ 57,633,631

△ 65,947,753

8,314,122

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

97.0パーセント

78.9パーセント

18.1パーセント

(注)消費税及び地方消費税納付額を含む。



高速鉄道事業

■平成25年度予算の状況

   平成25年度予算の経営収支は、収益が1,634億4,100万円、費用が1,416億 5,700万円で、差引217億8,400万円の黒字となっており、前年度第2回補正後予算(収益:1,611億6,200万円。費用:1,471億4,300万円。差引:140億1,900万円)と比べると 77億6,500万円の収支改善となっています。

  これは、動力費などの経費が増加するものの、人件費や支払利息、交通局早期退職制度による退職金などの特別損失が減少するほか、固定資産売却益の特別利益が増加することなどによるものである。

   また、特別損益を除いた経常損益でも、222億円7,900万円の黒字となっており、前年度第2回補正後予算と比べると10億9,200万円の収支改善となっています。

予算の状況高速鉄道

 

■平成25年度の主な設備投資                        

 

 

499

億4,500万円

 ●エレベーターの整備

 

 

12

億4,900万円

   ・バリアフリー経路改善のためのエレベーター整備

   ・他社線やバスターミナルへの乗り換え経路におけるエレベーターの整備 

 

 

 

     4駅(心斎橋駅、なんば駅、天王寺駅、出戸駅)7基設置

 

 

 

 

  ●可動式ホーム柵の設置

 

 

20

億2,000万円

   供用開始 千日前線 26年度        
           御堂筋線 26年度(心斎橋駅、天王寺駅)        

  ●車両の整備

 

 

88

億3,200万円

     車両更新

28両

 

 

 

 

     車内案内表示装置の設置

24両

 

 

 

 

 ●地下鉄施設近接用地等(バス用地)の取得    

74

億7,700万円

  ●駅施設の整備など

 

 

303

億6,700万円

       ・駅、橋脚等のさらなる耐震対策の実施

 

 

 

 

       ・老朽化施設等への安全対策

 

 

 

 

       ・地下鉄における火災対策設備の整備(対象駅115駅全駅で整備完了)

     
       ・利便性向上のためのエスカレーター増設        
       ・清潔感のある快適なトイレへの改善        

       ・駅構内案内の充実

 

 

 

 

 

高速鉄道事業会計<予算> (単位:千円)

種別

25年度予算

24年度補正予算

(第2回)

差引

営業収益

158,316,935

 156,954,977

1,361,958

運輸収益

149,522,000

 149,181,144

340,856

運輸雑収

8,794,935

 7,773,833

1,021,102

営業外収益

3,367,716

 4,066,135

△ 698,419

特別利益

1,756,088

 140,404

1,615,684

収益計

163,440,739

 161,161,516

2,279,223

営業費用

118,410,595

 116,983,179

1,427,416

人件費

48,371,020

 49,274,195

△ 903,175

経費

30,637,054

 28,555,086

2,081,968

減価償却費

39,402,521

 39,153,898

248,623

営業外費用

20,794,961

 22,651,333

△ 1,856,372

支払利息

13,749,565

 15,197,036

△ 1,447,471

雑支出等

2,837,458

 3,425,169

△ 587,711

消費税及び
地方消費税

4,207,938

 4,029,128

178,810

特別損失

2,251,377

7,308,000

△ 5,056,623

予備費

200,000

200,000

0

費用計

141,656,933

 147,142,512

△ 5,485,579

当年度損益

21,783,806

 14,019,004

7,764,802

経常損益

22,279,095

21,186,600

1,092,495

累積剰余金

37,455,759

13,138,542

△ 24,317,217

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

116.1パーセント

115.3パーセント

0.8パーセント

(注)消費税及び地方消費税納付額を含む。


▲上に戻る



平成24年度決算の概要

■平成24年度決算収支 (単位:百万円)
 

バス会計

高速会計

合計





経常収益

14,727

155,440

170,167

経常費用

17,307

128,569

145,876

差引経常損益

 △ 2,580

26,871

24,291

特別損益

3,362

△ 7,063

△ 3,701

差引純損益

 782

19,808

20,590

累積剰余金(△累積欠損金)

 △ 62,758

20,092

△ 42,666

 

 

 バス会計

 高速会計

合計





 在籍車数(年度末:両)

560

1,360

1,920




乗車人員(人)

216,217

2,307,332

2,523,549

乗客収入(万円)

3,381

39,553

42,934

 

バス事業


■平成24年度決算の状況

  経営収支は、収益が 193億 8,700万円、費用が 186億 500万円、差引 7億 8,200万円の利益となっており、前年度に比べ 41億 9,600万円の収支改善となっています。
  これは、交通局独自の給料カットや職員数の減等による人件費の減少及び委託費や修繕費などの経費の減少によるものです。
  また、特別損益を除いた経常損益では 25億 8,000万円の損失となりましたが、前年度に比べ17億 5,200万円の収支改善となっています。
  この結果、平成24年度末の累積欠損金は 627億 5,800万円となりました。
  なお、資金不足比率は 5.2%となっています。

 

決算の状況バス 

■平成24年度の主な設備投資

 

 

 

 

  ●営業所の改良など

 

 

 

  1億 8,400万円

     給油取扱所地下貯蔵タンクの更新

     (井高野、守口営業所)
     ICカードによる全国相互利用の実施など

 

自動車運送事業会計<決算> (単位:円)
種別

平成24年度決算

平成23年度決算

差引

営業収益

12,587,875,428

12,642,367,330

△ 54,491,902

運輸収益

12,340,093,728

12,346,892,679

△ 6,798,951

運輸雑収

247,781,700

295,474,651

△ 47,692,951

営業外収益

 2,139,298,538

 5,334,177,069

△ 3,194,878,531

特別利益

4,660,393,277

919,465,022

 3,740,928,255

収益計

 19,387,567,243

18,896,009,421

 491,557,822

営業費用

 16,715,726,945

 21,677,542,466

△ 4,961,815,521

人件費

 7,226,917,634

 11,528,754,030

△ 4,301,836,396

経費

 7,674,660,327

8,182,077,088

△ 507,416,761

減価償却費

1,814,148,984

1,966,711,348

△ 152,562,364

営業外費用

 591,224,921

631,447,779

△ 40,222,858

支払利息

 244,938,958

 301,200,357

△ 56,261,399

雑支出等

 346,285,963

330,247,422

16,038,541

特別損失

1,298,350,437

848,375

1,297,502,062

費用計 

  18,605,302,303

22,309,838,620

△ 3,704,536,317

当年度損益

782,264,940

△ 3,413,829,199

4,196,094,139

経常損益

△ 2,579,777,900

△  4,332,445,846

1,752,667,946

累積欠損金

△ 62,758,337,378

△ 63,540,602,318

782,264,940

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

85.1パーセント

80.6パーセント

 4.5パーセント



高速鉄道事業

 

■平成24年度決算の状況

  経営収支は、収益が 1,554億 5,700万円、費用が 1,356億 4,900万円、差引198億 800万円の利益となっており、前年度に比べ30億 7,300万円の収支改善となっています。
  これは、補助金の減少などがあったものの、交通局独自の給料カットや職員数の減等に伴う人件費の減少及び支払利息が減少したことなどによるものです。
  また、特別損益を除いた経常損益でも 268億 7,100万円の利益となっており、前年度に比べ101億 4,900万円の収支改善となっています。

  

決算の状況高速鉄道 

■平成24年度の主な設備投資

 

 

 

 

  ●エレベーター設置工事

 

 

25

億1,100万円

   他社線やバスターミナルへの乗り換え経路におけるエレベーター整備

    梅田駅、難波駅(御堂筋線) 2駅2基(完成)

    西中島南方駅など 7駅13基(継続)

 ●可動式ホーム柵設置工事

 

 

12

億4,500万円

   平成26年度末までに千日前線に設置予定

 ●駅施設整備工事

 

 

41

億7,000万円

   駅改装などの施設整備

    明るく・清潔感あふれる快適空間を実現(トイレのリニューアル)
    阿波座駅(千日前線)など 20駅(完成)

  ●車両改造等工事  

 

 

79

億  200万円

      車内案内表示装置の設置 40両

      車両更新 (谷町線-3列車・18両) など

 ●火災対策設備整備工事

 

 

22

億  300万円

   消火設備などの整備

      本町駅(御堂筋線)など 15駅(完成)

 ●変電所設備等改良工事など 

 

 

194

億5,800万円

   車両工場の一元化

   自動改札機の更新

   ICカードによる全国相互利用の実施など

 

高速鉄道事業会計<決算> (単位:円)
種別

平成24年度決算

平成23年度決算

差引

営業収益

151,742,666,814

150,353,860,198

 1,388,806,616

運輸収益

144,369,081,254

143,524,541,257

844,539,997

運輸雑収

7,373,585,560

6,829,318,941

544,266,619

営業外収益

3,697,069,692

7,742,496,802

△ 4,045,427,110

特別利益

16,955,009

17,258,211

△ 303,202

収益計

155,456,691,515

158,113,615,211

△ 2,656,923,696

営業費用

111,520,616,762

118,721,749,413

△ 7,201,132,651

人件費

47,968,244,894

54,103,098,121

△ 6,134,853,227

経費

25,729,910,984

26,737,850,188

△ 1,007,939,204

減価償却費

37,822,460,884

37,880,801,104

△ 58,340,220

営業外費用

17,048,135,595

22,651,917,188

△ 5,603,781,593

支払利息

14,636,233,247

17,331,177,813

△ 2,694,944,566

雑支出等

2,411,902,348

5,320,739,375

△ 2,908,837,027

特別損失

7,079,931,636

4,453,968

7,075,477,668

費用計

135,648,683,993

141,378,120,569

△ 5,729,436,576

当年度損益

19,808,007,522

16,735,494,642

3,072,512,880

経常損益

26,870,984,149

16,722,690,399

10,148,293,750

累積剰余金(△累積欠損金)

20,092,103,728

284,096,206

19,808,007,522

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

120.9パーセント

111.8パーセント

 9.1パーセント

▲上に戻る

 

バス事業サービス改善実施状況

 

項目

平成22年度末

平成23年度末

平成24年度末

ノンステップバス

631両

669両

560両

(内 小型ノンステップバス)

83両

83両

20両

低公害バス

22両

3両

0両

低公害ノンステップバス

112両

113両

70両





バスロケーション標識

714基

713基

704基

電照式標識

845基

786基

757基

ベンチ

1,174脚

1,175脚

1,061脚

シェルター等

1,216基

286基

302基










専用レーン

82.3キロメートル

82.3キロメートル

道路管理者・府警など関係先と協議中
専用道路

2.2キロメートル

2.2キロメートル

優先レーン

22.8キロメートル

22.8キロメートル

107.3キロメートル

107.3キロメートル




超音波・
電磁誘導無線感知方式

37.2キロメートル

37.2キロメートル

光ビーコン方式

20.9キロメートル

20.9キロメートル

58.1キロメートル

58.1キロメートル

高速鉄道事業サービス改善実施状況

項目

平成22年度末

平成23年度末

平成24年度末 


エレベーター

310基

316基

 318基

エスカレーター

362基

360基

 361基

エレベーターによる
ワンルート確保駅

133駅中133駅

133駅中133駅

 133駅中133駅

旅客案内表示装置

133駅中129駅

133駅中133駅

 133駅中133駅


車いすスペース

219列車中219列車

220列車中220列車

 220列車中220列車

車内案内表示装置

1,350両中1,172両

1,360両中1,252両

 1,360両中1,310両

(注)ニュートラムを含む。


▲上に戻る

【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから)  Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved