交通局の予算・決算について


平成23年度決算~平成27年度予算
自動車運送事業会計 予算 / 決算 ・ 系統別収支
高速鉄道事業会計 予算 / 決算 ・ 路線別収支
バス事業サービス改善実施状況
高速鉄道事業サービス改善実施状況

最近5ヵ年運輸成績比較表

1.概況

区分

平成23年度
決算

平成24年度
決算

平成25年度
決算

平成26年度
決算 

平成27年度
予算

営業
キロ
(年度
末)

自動車

595.4
キロメートル

477.0
キロメートル

 439.3

キロメートル

444.5

キロメートル

443.9

キロメートル

高速
鉄道

129.9
キロメートル

129.9
キロメートル

129.9

キロメートル

129.9

キロメートル 

129.9

キロメートル

中量
軌道

7.9
キロメートル

7.9
キロメートル

7.9
キロメートル

7.9

キロメートル  

7.9

キロメートル

鉄軌
道計

137.8
キロメートル

137.8
キロメートル

137.8
キロメートル

137.8

キロメートル

137.8

キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

2,500,767人

2,523,549人

2,560,064人

2,576,203人

2,555,000人

乗客収入
(年間一日平均)

425,878,234円

429,340,205円

436,375,602円

430,441,450円

456,070,000円


2.自動車運送事業

区分

平成23年度 
決算

平成24年度 
決算

平成25年度
決算

平成26年度
決算

平成27年度
予算

在籍車数
(年度末)

710両

560両

530両

530両

530両

走行キロ
(年間一日平均)

59,834
キロメートル

57,295
キロメートル

48,680
キロメートル

46,381

キロメートル

47,318

キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

219,400人

216,217人

209,306人

199,341人

202,000人

乗客収入
(年間一日平均)

33,734,679円

33,808,476円

33,301,068円

31,748,999円

33,905,000円

備考

 

 

 

平成26年4月

消費税相当額の

改定

(200円→210円)

 


3.高速鉄道及び中量軌道事業

区分

平成23年度
決算

平成24年度
決算

平成25年度
決算

平成26年度
決算

平成27年度
予算

在籍車数
(年度末)

高速

鉄道

1,280両

1,280両

1,280両

1,264両

1,274両

中量

軌道

80両

80両

80両

80両

84両

1,360両

1,360両

1,360両

1,344両

1,358両

走行キロ
(年間一日平均)

高速

鉄道

314,253
キロメートル

313,936
キロメートル

311,526
キロメートル

311,237

キロメートル

311,121

キロメートル

中量

軌道

13,841
キロメートル

13,973
キロメートル

14,157
キロメートル

14,231

キロメートル

13,734

キロメートル

328,094
キロメートル

327,909
キロメートル

325,683
キロメートル

325,468

キロメートル

324,855

キロメートル

乗車人員
(年間一日平均)

高速

鉄道

2,209,199人

2,235,148人

2,277,488人

2,302,153人

2,280,000人

中量

軌道

72,168人

72,184人

73,270人

74,709人

73,000人

2,281,367人

2,307,332人

2,350,758人

2,376,862人

2,353,000人

乗客収入
(年間一日平均)

392,143,555円

395,531,729円

403,074,534円

398,692,451円

422,165,000円

備考

 

 

 

平成26年4月

初乗料金の

改定

(1区200円→

180円)

消費税相当額の

改定

(2区以上

10円アップ) 

収益的収支予算・決算概要

自動車運送事業会計(予算)  ・高速鉄道事業会計(予算)

自動車運送事業会計(決算)  ・高速鉄道事業会計(決算)


平成27年度 予算の概要

■平成27年度予算収支 (単位:百万円)
 

バス会計

高速会計

合計





経常収益

13,598 

174,236 

187,834 

経常費用

13,963 

148,925 

162,888 

差引経常損益

 △ 365   

25,311 

24,946 

特別損益

 286 

541 

827 

差引純損益

△ 79 

 25,852 

  25,773 

累積剰余金(△累積欠損金)

 △ 79,690 

100,799 

21,109 

 

 

 バス会計

 高速会計

合計




 在籍車数(年度末:両)

530

1,358

1,888




乗車人員(人)

202,000

2,353,000

2,555,000

乗客収入(万円)

3,391

42,216

45,607


バス事業

■平成27年度予算の状況

   平成27年度予算の経営収支は、収益が 148億 5,200万円、費用が 149億 3,100万円で、差引 7,900万円の赤字となっているが、前年度補正後予算(収益:157億6,400万円。費用:231億1,200万円。差引:△73億4,800万円)と比べると 72億 6,900万円の収支改善となっています。

   これは、固定資産売却益の特別利益が減少するものの、地方公営企業会計制度の見直しに伴い、特別損失に計上した退職給付引当金計上不足額等が減少したことなどによるものです。

   また、特別損益を除いた経常損益でも、3億 6,500万円の赤字となっており、前年度補正後予算と比べると 1億 6,400万円の収支悪化となっています。 

 

予算の状況バス 


■平成27年度の主な設備投資

 

 

3億3,600万円

 ●路線施設の改良

 

 

1億2800万円

   大阪駅前バスターミナルの整備

 

 

  ●車両機器の更新など

 

 

2億800万円


自動車運送事業会計<予算>(単位:千円)

種別

27年度予算

26年度補正後予算

(5月)

差引

営業収益

12,553,696

12,858,346

△ 304,650

運輸収益

12,409,388

12,675,376

△ 265,988

運輸雑収

144,308

182,970

△ 38,662

営業外収益

1,044,116

1,242,413

△ 198,297

特別利益

1,254,254

1,663,513

△ 409,259

収益計

14,852,066

15,764,272

△ 912,206

営業費用

13,356,669

13,612,315

△ 255,646

人件費

5,324,661

5,331,244

△ 6,583

経費

7,394,769

7,380,687

14,082

減価償却費

637,239

900,384

△ 263,145

営業外費用

556,018

639,850

△ 83,832

支払利息

133,029

164,121

△ 31,092

雑支出等

105,828

105,202

626

消費税及び
地方消費税

317,161

370,527

△ 53,366

特別損失

967,947

8,809,963

△ 7,842,016

予備費

50,000

50,000

0

費用計

14,930,634

23,112,128

△ 8,181,494

当年度損益

△ 78,568

△ 7,347,856

7,269,288

経常損益

△ 364,875

△ 201,406

△ 163,469

累積欠損金

△ 79,690,081

△ 54,488,293

△ 25,201,788

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

97.7パーセント

98.9パーセント

△ 1.2パーセント

(注)消費税及び地方消費税納付額を含む。



高速鉄道事業

■平成27年度予算の状況

   平成27年度予算の経営収支は、収益が 1,761億 3,100万円、費用が 1,502億 7,900万円で、差引 258億 5,200万円の黒字となっており、前年度補正後予算(収益:1,772億 800万円。費用:2,414億 6,900万円。差引:△642億 6,100万円)と比べると 901億 1,300万円の収支改善となっています。

   これは、動力費などの経費が増加するものの、地方公営企業会計制度の見直しに伴い、特別損失に計上した退職給付引当金計上不足額等が減少したことなどによるものです。 

   また、特別損益を除いた経常損益でも、253億 1,100万円の黒字となっているものの、前年度補正後予算と比べると 16億 8,200万円の収支悪化となっています。 

 

予算の状況高速鉄道

■平成27年度の主な設備投資                        

 

 

405

億7,000万円

 ●エレベーター等の整備

 

 

21

億5,300万円

   ・バリアフリー経路改善のためのエレベーター整備

 

 

 

      ・他社線やバスターミナルへの乗り換え経路におけるエレベーター整備      

     2駅(西中島南方駅、淀屋橋駅)3基設置

 

 

 

 

   ・利便性向上のためのエスカレーター整備

       
        1駅(新大阪駅)1基設置         

  ●車両の整備

 

 

64

億3,500万円

     車内客室のリフレッシュ改造

64両

 

 

 

 

  ●駅施設の整備など

 

 

319

億8,200万円

      ・津波浸水対策設備の強化

       

      ・駅、橋脚等のさらなる耐震対策の実施

 

 

 

 

      ・老朽化施設等への安全対策

 

 

 

 

      ・明るく快適な駅空間への改善

       
      ・駅構内案内の充実             

      ・清潔感のある快適なトイレへの改造

 

 

 

   ・地下鉄施設に近接するバス用地等の取得       

 

高速鉄道事業会計<予算> (単位:千円)

種別

27年度予算

26年度補正後予算

(5月)

差引

営業収益

163,800,384

163,031,732

768,652

運輸収益

154,512,377

154,086,108

426,269

運輸雑収

9,288,007

8,945,624

342,383

営業外収益

10,435,957

12,510,522

△ 2,074,565

特別利益

1,895,008

1,666,227

228,781

収益計

176,131,349

177,208,481

△ 1,077,132

営業費用

128,008,632

126,216,867

1,791,765

人件費

51,736,138

51,764,111

△ 27,973

経費

34,408,224

31,847,007

2,561,217

減価償却費

41,864,270

42,605,749

△ 741,479

営業外費用

20,716,209

22,132,775

△ 1,416,566

支払利息

11,625,509

12,812,609

△ 1,187,100

雑支出等

2,256,959

2,172,898

84,061

消費税及び
地方消費税

6,833,741

7,147,268

△ 313,527

特別損失

1,354,446

92,920,104

△ 91,565,658

予備費

200,000

200,000

0

費用計

150,279,287

241,469,746

△ 91,190,459

当年度損益

25,852,062

△ 64,261,265

90,113,327

経常損益

25,311,500

26,992,612

△ 1,681,112

累積剰余金

100,798,882

69,070,584

31,728,298

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

117.2パーセント

118.3パーセント

△ 1.1パーセント

(注)消費税及び地方消費税納付額を含む。


▲上に戻る



平成26年度決算の概要

■平成26年度決算収支 (単位:百万円)
 

バス会計

高速会計

合計





経常収益

12,801

166,676

179,477

経常費用

11,792

131,871

143,663

差引経常損益

1,009

34,805

35,814

特別損益

△29,264

△93,448

△122,712

差引純損益

△28,255

△58,643

△86,898

累積剰余金(△累積欠損金)

△80,663

80,711

48

 

バス会計

高速会計

合計




在籍車数(年度末:両)

530

1,344

1,874




乗車人員(人)

199,341

2,376,862

2,576,203

乗客収入(万円)

3,175

39,869

43,044

 

バス事業


■平成26年度決算の状況

 経営収支は、収益が 219億 5,200万円、費用が 502億 700万円、差引 282億 5,500万円の損失となっており、前年度に比べ 311億 500万円の収支悪化となっています。

 これは、固定資産売却益の特別利益の増加に加え、除却費や委託費などの経費が減少するものの、住之江用地土地信託事業にかかる和解金の支払いや地方公営企業会計制度の見直しに伴う退職給付引当金の一括計上による特別損失の増加などによるものです。

 また、特別損益を除いた経常損益では、2年連続の利益となる10億 900万円となっており、前年度に比べ、5億 9,500万円の収支改善となっています。 

 この結果、平成26年度末の累積欠損金は 806億 6,300万円となりました。
 なお、資金不足比率は、住之江用地土地信託事業にかかる和解金の支払い財源として、高速鉄道事業会計から一時借入金160億円を計上したことなどにより、140.9%となっています。

 

 

決算の状況 バス 

■平成26年度の主な設備投資

 

 

 

 

  ●車両機器更新など

     料金収納機改造など 

 

 

 

 1億 5,900万円

  ●諸施設整備工事など

     オスカードリーム建物取得など

      10億6,500万円

 

自動車運送事業会計<決算> (単位:円)

種別

平成26年度決算

平成25年度決算

差引

営業収益

11,743,739,235 

12,339,442,247

△ 595,703,012

運輸収益

11,588,429,076

12,155,023,096

△ 566,594,020

運輸雑収

155,310,159

184,419,151

△ 29,108,992

営業外収益

1,056,795,531

1,247,510,438

△ 190,714,907

特別利益

9,151,687,581

2,805,279,212

6,346,408,369

収益計

21,952,222,347

16,392,231,897

5,559,990,450

営業費用

11,565,623,639

12,812,142,726

△ 1,246,519,087

人件費

5,070,730,156

5,117,429,010

△ 46,698,854

経費

5,632,659,258

6,470,955,100

△ 838,295,842

減価償却費

862,234,225

1,223,758,616

△ 361,524,391

営業外費用

226,227,268

360,843,765

△ 134,616,497

支払利息

148,880,657

193,996,090

△ 45,115,433

雑支出等

77,346,611

166,847,675

△ 89,501,064

特別損失

38,415,719,718

369,051,311

38,046,668,407

費用計

50,207,570,625

13,542,037,802

36,665,532,823

当年度損益

△ 28,255,348,278

2,850,194,095

△ 31,105,542,373

経常損益

1,008,683,859

413,966,194

594,717,665

その他未処分利益剰余金変動額 

 6,692,467,974  0  6,692,467,974

累積欠損金

△ 80,663,045,792

△ 59,100,165,488

△ 21,562,880,304

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

108.6パーセント

103.1パーセント

5.5パーセント



高速鉄道事業

 

■平成26年度決算の状況

  経営収支は、収益が 1,666億 8,200万円、費用が 2,253億 2,500万円で、差引 586億 4,300万円の損失となっており、前年度に比べ 920億 3,000万円の収支悪化となっています。

 これは、地方公営企業会計制度の見直しに伴う長期前受金戻入の計上や除却費などの減少があったものの、1区乗車料金の値下げに伴う運輸収益の減少に加え、会計制度の見直しに伴う退職給付引当金の一括計上等による特別損失の増加や人件費及び減価償却費の増加などによるものです。

  また、特別損益を除いた経常損益では、348億 500万円の過去最高利益となっており、前年度に比べ、44億 6,100万円の収支改善となっています。
 なお、経常損益から補助金を除いても、過去最高利益となります。

  

決算の状況 高速鉄道 

■平成26年度の主な設備投資

 

 

 

 

  ●エレベーター等の整備

 

 

 

7億8,700万円

   ・他社線やバスターミナルへの乗り換え経路におけるエレベーター整備

    西中島南方駅など 2駅3基(継続) 

   ・エレベーター整備によるバリアフリー経路の改善
    長居駅など 4駅6基(継続)
   ・エスカレーター増設による利便性向上
    梅田駅 1駅2基(完成)
    新大阪駅など 3駅4基(継続)

 ●可動式ホーム柵の設置

 

 

 

25億9,900万円

   千日前線全駅、御堂筋線(心斎橋駅、天王寺駅)に設置完了

 ●駅施設整備工事

 

 

 

31億8,100万円

   ・駅改装などの施設整備

    明るく・清潔感あふれる快適空間を実現(トイレのリニューアル)
    梅田駅など 18駅(完成)

  ●車両改造等工事  

 

 

 

63億4,800万円

      ・車両リフレッシュ改造

   (御堂筋線-3列車・30両、中央線-3列車・18両、千日前線-1列車・4両、堺筋線-1列車・8両)

      ・車両更新 (御堂筋線-1列車・10両) など

 ●地下鉄会計の事業用資産としてバス用地等の取得

 

88億8,500万円

 ●変電所設備等改良工事など 

 

 

 

197億7,000万円

   ・車両工場の一元化など

 

高速鉄道事業会計<決算> (単位:円)

種別

平成26年度決算

平成25年度決算

差引

営業収益

154,190,443,805

155,704,159,045

△ 1,513,715,240

運輸収益

145,522,744,689

147,122,204,962

△ 1,599,460,273

運輸雑収

8,667,699,116

8,581,954,083

85,745,033

営業外収益

12,485,761,611

3,609,578,326

8,876,183,285

特別利益

5,988,470

4,152,637,374

△ 4,146,648,904

収益計

166,682,193,886

163,466,374,745

3,215,819,141

営業費用

117,845,609,450

113,510,138,237

4,335,471,213

人件費

50,906,978,232

47,545,618,676

3,361,359,556

経費

25,458,903,276

27,314,603,539

△ 1,855,700,263

減価償却費

41,479,727,942

38,649,916,022

2,829,811,920

営業外費用

14,025,826,489

15,460,190,844

△ 1,434,364,355

支払利息

12,274,574,776

13,114,851,752

△ 840,276,976

雑支出等

1,751,251,713

2,345,339,092

△ 594,087,379

特別損失

93,453,842,609

1,109,607,987

92,344,234,622

費用計

225,325,278,548

130,079,937,068

95,245,341,480

当年度損益

△ 58,643,084,662

33,386,437,677

△ 92,029,522,339

経常損益

34,804,769,477

30,343,408,290

4,461,361,187

その他未処分利益剰余金変動額 

105,731,867,606   0  105,731,867,606
累積剰余金(△累積欠損金)

80,710,890,361

33,622,107,417

47,088,782,944

営業収益+営業外収益
/営業費用+営業外費用

126.4パーセント

123.5パーセント

2.9パーセント

▲上に戻る

 

バス事業サービス改善実施状況

 

項目

平成22年度末

平成23年度末

平成24年度末

平成25年度末

 平成26年度末

車両 ノンステップバス

631両

669両

560両

530両

530両 

(うち小型ノンステップバス)

83両

83両

20両

8両

8両 

低公害バス

22両

3両

0両

0両

0両 

低公害ノンステップバス

112両

113両

70両

52両

52両 





バスロケーション標識

714基

713基

704基

688基

680基 

電照式標識

845基

786基

757基

686基

662基 

ベンチ

1,174脚

1,175脚

1,061脚

1,019脚

 1,017脚
シェルター等

1,216基

286基

302基

307基

321基 










専用レーン

82.3キロメートル

82.3キロメートル

道路管理者・府警など

関係先と協議中

専用道路

2.2キロメートル

2.2キロメートル

優先レーン

22.8キロメートル

22.8キロメートル

107.3キロメートル

107.3キロメートル




超音波・
電磁誘導無線感知方式

37.2キロメートル

37.2キロメートル

光ビーコン方式

20.9キロメートル

20.9キロメートル

58.1キロメートル

58.1キロメートル

 

高速鉄道事業サービス改善実施状況

項目

平成22年度末

平成23年度末

平成24年度末

平成25年度末

平成26年度末

エレベーター

310基

316基

318基

328基

331基
エスカレーター

362基

360基

361基

363基

365基
エレベーターによる
ワンルート確保駅

133駅中133駅

133駅中133駅

133駅中133駅

133駅中133駅

133駅中133駅
旅客案内表示装置

133駅中129駅

133駅中133駅

133駅中133駅

133駅中133駅

133駅中133駅

車いすスペース

219列車中

219列車

220列車中

220列車

220列車中

220列車

220列車中

220列車

218列車中

218列車

車内案内表示装置

1,350両中1,172両

1,360両中1,252両

1,360両中1,310両

1,360両中1,352両

1,344両中1,336両

(注)ニュートラムを含む。


▲上に戻る

【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved