運輸安全マネジメント


   大阪市交通局では市民や利用者の皆さまに、地下鉄・バスを「安全」「確実」「快適」にご利用いただくことが私どもの使命と認識し、昭和28年12月より「安全に係わる綱領」等を明記した「運転の安全の確保に関する規程」のもと、輸送の安全の確保に取組んでまいりました。
   平成18年10月の「運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律」により関係法が改正され、その施行に伴い、「安全に係わる綱領」に新たに「安全方針」を加えた「輸送の安全の確保に関する規程」を平成19年4月1日に施行し、最も重要な課題である輸送の安全の確保に職員が一丸となって取組みを進めてまいりました。
   平成22年7月には、今一度、安全輸送を第一の使命とする交通事業者の原点に立ち返り、安全意識を徹底するとともに、輸送の安全に関する法令や規程を遵守し、厳正かつ確実に職務を遂行することを再確認するため、これまでの安全方針の内容を継承しつつ、より簡明な表現となるように「輸送の安全の確保に関する規程」を改正しました。


 輸送の安全に関する基本的な方針

    輸送の安全の確保に係わる交通局職員の綱領・安全方針

○輸送の安全の確保に関する規程

制定 平成19年3月30日

 改正  平成22年7月 1日

(目的)

第1条 この規程は、交通局職員(以下「職員」という。) の輸送の安全の確保に関する規範として、綱領及び安全方針を定め、その理念を確立し、もって安全輸送の使命を達成することを目的とする。

(綱領及び安全方針)
第2条 職員の安全に係わる綱領及び安全方針は、次のとおりとする。
(1) 綱領
   安全の確保は、輸送の生命である。
   規程の遵守は、安全の基礎である。
   執務の厳正は、安全の要件である。
(2) 安全方針
 

   私たちは「安全はすべてに優先する」との強い決意を持ち、一丸となってお客さまに安心・信頼してご利用頂ける輸送サービスを提供します。

 

   職務の遂行にあたっては、確認の励行に努め、常に「お客さまが最も安全である」ということを判断の基本として行動します。

     輸送の安全に関する法令及び規程を熟知し、厳正かつ確実に職務を遂行します。
 

   事故・災害の発生時には、お客さまの救護を最優先に行動し、二次災害の防止など速やかに安全適切な処置をとります。

 

   輸送の安全に関する情報は、正確かつ迅速に共有するとともに公表に努め、事故の未然防止に取り組みます。

 

   常に知識・技術・技能の向上に努め、輸送の安全確保に取り組みます。

 

   日々、安全を確保するため、業務の継続的な改善に取り組みます。

                    地下鉄・ニュートラム安全報告書       市バス安全報告書

【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved