大阪市
大阪市交通局
文字サイズ: 小さい文字サイズデフォルトの文字サイズ大きい文字サイズ
音声読上・かな表示ツール
市営交通のご利用案内
市営交通事業のご案内&入札・契約情報
交通局 >> 大阪市営交通ウェブミュージアム

市電 車両辞典 車両一覧 車両の改良

100型

100型
昭和8年梅田駅(仮駅)~心斎橋駅の開通に備えて10両が製造された。わが国で最初に750V電源電圧や電気連結器を採用した。車両は長さ約17m側出入口3箇所/片側で、錆対策用含銅鋼板、灯具など車両設備に安定電源を供給する電動発電機、赤信号と連動する打子式自動列車停止装置等、当時の最先端技術が導入され12両までの連結運転が可能であった。また現在のホームから誤って転落することを防ぐ転落防止装置や次駅名を順次照らす駅名表示器が設置されていた。車掌室は無く、車掌は乗客用の扉の横で扉の開閉、運転士への合図、車内放送を行っていた。車体の塗色は上部が淡黄色、下部は青色である。昭和44年に廃車したが、105号を地下鉄開業時の車両として製造当時の姿に復元して緑木検車場で保存している。
開業前の試運転時
招待客を乗せた100型車内
100型の搬入当時は人力と牛で牽引した

200型

200型
心斎橋~なんば間の延伸用と輸送力増強のため昭和10年から13両製造された。基本性能は100型と同一で、209号以降は車体の構造をリベット締めから溶接へ変更された。昭和44年に廃車された。
200型201号

300型

300型
なんば~天王寺間の延伸及び輸送力増強のため、昭和13年に16両製造された。この車両から側窓が扉間5個から4個となった。昭和30年に315号で車内の換気を改善するため、ファンデリアの試験が行われ、併せて室内灯を蛍光灯に改造し居住性の向上を図った。その実績をもとに1000B型以降本格的に導入された。昭和44年に廃車された。

天井にファンデリアと蛍光灯が設置された315号

300型316号

400型

400型
四つ橋線大国町~花園橋開通と輸送力増強用に16両製造が計画されたが、部品の調達が困難となり、昭和18年に6両製造された。台車は一体鋳鋼台車が用意できず、組立式の台車を採用した。昭和44年に全車廃車された。
400型406号

500型

500型
戦後最初の新造車で昭和24年に10両製造された。外観は400型と同じながら座席は木製であった。また混雑時に車掌の業務が困難を極めたのでこの型式から運転室を全室運転台としため、先頭車として運用されることが多かった。昭和44年に全車廃車された。
500型502号

600型

600型
御堂筋線天王寺~西田辺間の延伸用に昭和27年から12両製造された。この車両から車両間を移動できるように幌が取り付けられ、在来車も幌の取付け工事が行われた。また電動送風機によるダクトを介した強制送風を行うことで居住性の向上を図った。昭和45年に全車廃車された。
600型607号 600型車内 天井中央部に強制送風とダクトを取り付けた

1000型

1000型
御堂筋線の混雑緩和のため昭和28年から19両が製造された。この車両から既存車両の相互連結を考慮せず、新しい設計のもとで製造された。5000型の7両編成用に使用された。昭和31年、四つ橋線花園町~岸里間延伸用に4両製造した。この車両から315号で試験されていたファンデリアと室内照明に蛍光灯が本格的に採用されたほか、行先表示を方向幕に変更、地下鉄車両として初めて前照灯を屋根上1灯から運転台の下2灯とした。昭和46年に廃車した。
1000型と500型 高速長居検車場 1000型1020号

1100型

1100型
地下鉄車両高性能化の先駆けとなった車両。地下鉄車両として初めて片側運転台方式となり、軽量化および保守費の削減に結びついた。御堂筋線5両編成化に伴い、昭和32年に23両が製造された。昭和50年に100型に車型変更、その後千日前線に転用した。平成元年に廃車された。

1100型1106号

2定期検査中の1100型1117号

1200型

1200型
1100型を基本に混雑時の乗降をスムーズにするため、側出入口を両開扉とし、扉幅を1100mmから1300mmに拡大した。昭和33年に23両製造された。この車両から車体塗色が上部アイボリー、下部オレンジに変更した。昭和34年に台車制動装置を改良した増備車5両が製造された。昭和50年に200型に車型変更、昭和55年からは50系の中間車5700型T車に改造され、谷町線に転用、平成3年に廃車された。
1200型1222号
1200型1224~1228号
1200型 1201~1223号車内 1200型 1224~1228号車内

5000-5500型(のちに50系)

5000-5500型
昭和35年、御堂筋線長居~あびこ間開業用に製造した車両で、2両1ユニットという方式を採用した。当初は御堂筋、四つ橋線で活躍したが、御堂筋線を30系に統一することになり、昭和43年から谷町、中央、千日前線に転用された。谷町線では5700~5900型を2両中間に挟んだ6両編成として、中央線では近鉄東大阪線乗入のために6両編成として、千日前線では4両編成のキャブシグナル付車として各線ごとの条件に合わせて改造された。その後地下鉄車両冷房化推進のため、新20系の代替されて平成5年に全車廃車された。なお5085号は技術遺産として森之宮検車場に保存している。
5000型車両新造当時 我孫子検車場 5000型車両 新造当時の車内

6000型、6100型

6000型、6100型
昭和36年、中央線大阪港~弁天町間の開業用に6両製造された。当局初の高架走行車両であり、車体の軽量化が図られた。車体塗色もグレーとインターナショナルオレンジにホワイトのラインという華やかな塗色となった。6100型は中央線弁天町~本町館の延伸用に11両が製造されたが、昭和44年に堺筋線に60系が登場するにあたり、60系の登場とともに6000型は800型に、6100型は900型に車型変更、昭和53年からは50系中間車(5800・5900型)として全車T車改造され谷町線に転用した。
6000型6002号 6100型6104号

7000-8000型

7000-8000型
昭和42年、谷町線(東梅田~谷町四丁目)及び中央線(谷町四丁目~森ノ宮)開業用に18両が製造された。この車両から車体長が18m側出入口4個/片側 とし、交通局初のATCを採用した。車体はセミステンレス車とし、無塗装車となった。昭和43年に車型を30系に変更、御堂筋線に転用して8両編成化し た。
8000型8009号

30系

30系
日本万国博覧会の開催にあたり、御堂筋線を近代化するため7000-8000型を原型に363両が製造された。車体はセミステンレス製とアルミ合金製とし た。北大阪急行電鉄との相互直通乗り入れの他、堺筋線、長堀鶴見緑地線を除く路線で活躍、地下鉄車両の冷房化推進のため新20系に代替されたが、一部の車両は冷房装置取付改造を実施し、谷町線で使用している。
30系3008号
30系車内 万博輸送に活躍したころ

60系

60系
昭和44年堺筋線開業用に、5両編成18列車90両が製造された。当局初の阪急電鉄との相互直通運転のため、パンタグラフ集電とし、空気バネ台車、静止型インバータを採用した。ガラス窓を屋根まで拡大した正面デザインが画期的で、昭和45年鉄道友の会のローレル賞に輝いた。平成2年から8両編成5列車40両に冷房装置取付工事を行った。平成15年に全車廃車された。
60系6001号 60系車内

20系(のちの10系)

20系
当初20系と呼ばれた車両で、谷町線延伸用に昭和48年に4両製造した。谷町線で試験走行を重ねていたが、昭和50年に御堂筋線用に転用し、中間車4両を製造して10系と車型を変更した。昭和54年第三軌条方式の鉄道として我が国初の冷房車両となった。
20系2001号 10系1101号 (旧20系)

10系

10系
昭和54年から製造された量産車。旧20系を含めて234両が製造され御堂筋線の主力車両となった。平成10年からバリアフリー化を含めた車内設備のグレードアップを行った。平成18年度よりVVVF制御化改造を開始した。
10系量産車1116号

ニュートラム100系

100系
昭和56年、南港ポートタウン線開業用に4両編成13列車52両を製造した新交通システムの車両。ゴムタイヤ、案内レール方式でステアリング機能をもつ高耐候性圧延鋼材を使用した塗装車で、無人運転のための自動運転装置、非常停止装置、中央指令所と乗客間の通話装置を有する。昭和61年に輸送力増強用に4 両編成3列車12両を製造した。
100系

20系

20系
当時鉄道界の夢であった省エネルギー、省保守に結び付く三相交流誘導モーター駆動車の実現を目指して研究開発したもので、昭和59年中央線用に6両製造し た。最終的に6両編成16列車96両が製造された。この車両は第三軌条方式の鉄道として我が国で最初のGTOサイリスタを用いたVVVFインバータ制御装置による三相交流誘導モーター駆動車両であり、鉄道界の主要技術となるVVVFインバータ車両の確立に多大な貢献をした。
20系 2601号

新20系

新20系
平成2年から10年まで560両が製造された大阪市を代表する車両である。車体は高抗張力ステンレス鋼を使用し、アルミ車に匹敵する軽量化を実現した。その後中央線で相互直通運転を行っていた大阪トランスポートシステムから12両が譲渡され編入された。現在は御堂筋、谷町、四つ橋、中央、千日前線、北大阪急行電鉄、近鉄けいはんな線への相互直通乗り入れなどに活躍している。
25系 25607号

新66系

新66系
堺筋線60系の後継車種として平成2年に登場。平成15年までに堺筋線の全車両数である8両編成17列車136両が製造された。60系同様パンタグラフ集電方式となり、阪急京都線高槻市駅、同千里線北千里まで乗り入れている。
66系 66615号

ニュートラム100A系

ニュートラム100A系
平成3年に輸送力増強用として4両編成2列車が製造された。この車両から新20系同様に高抗張力ステンレス鋼を採用して無塗装化が図られた。その後100系の更新用として4両編成15列車が製造された。
100A系

70系

70系
日本最初のリニアモータ駆動の中型地下鉄車両。交通局が10年にわたる地下鉄小型化研究の成果として平成2年に鶴見緑地線開通用に製造した。1次車が4両編成13編成52両、長堀鶴見緑地線延伸用に二次車が4両編成12編成48両製造された。平成8年から一人乗務(ワンマン)化改造を実施した。
70系 2次車7125号

80系

80系
平成18年に今里筋線用に4両編成17編成68両が製造された。70系車両をベースにしたリニアモーター車両。バリアフリー化、各機器をコンパクトにすることで居住性の向上を図った。車体はクリーム色に今里筋線のラインカラ―であるオレンジをデザインしている。
80系 8511号

30000系

30000系
新20系車両をベースに最新の車両技術を取り入れた車両。平成21年、谷町線の30系置き換え用に導入。平成23年からは御堂筋線の10系置き換え用に導入、安全性の向上と一層のバリアフリー化を進めるとともに、車内設備の充実と乗り心地を向上させた大阪市営地下鉄最新鋭の車両。
30000系31601号 30000系32601号