地下鉄御堂筋線のダイヤ改正を行います

 大阪市交通局は、平成27年3月1日(日曜日)から、地下鉄御堂筋線のダイヤを改正します。
 今回の改正では、定時運行の確保を目的として、朝のラッシュ時間帯の運転間隔を見直すとともに、可動式ホーム柵を設置する心斎橋駅・天王寺駅をはじめ、お客さまの乗降が多い主要駅の駅停車時間を変更します。
 このほか、深夜時間帯において列車を増発するなど、さらなる利便性の向上も図ります。

 

 ※ 3月1日(日曜日)からの時刻表はこちらをご覧ください。

 

1

  実施日
    平成27年3月1日(日曜日)初発から(予定)
     

2

  主な改正内容
 

(1)

 運転間隔、駅停車時間の変更(平日)
      朝ラッシュ時間帯における天王寺~中津間の最短運転間隔を2分から2分15秒に変更します。その他の区間は4分から4分30秒に変更します。
  また、可動式ホーム柵を設置する心斎橋駅・天王寺駅をはじめ、お客さまの乗降が多い主要駅において、駅停車時間を10~20秒程度延長します。
     
 

(2)

 深夜時間帯における列車の増発等(平日・土休日)
   

ア 

なかもず発江坂行を千里中央行に変更
        22時51分なかもず発江坂行を千里中央行にすることで、22時台の千里中央行列車の運転間隔を約20分から約10分にします。これにより、地下鉄線内から北大阪急行線内へご利用されるお客さまの利便性が向上します。
     

上り なかもず発 千里中央行き 22時台の江坂行を千里中央行きに変更(1本)します。これにより、千里中央行列車が20分間隔から約10分間隔になります。 (23時02分発まで)

       
     なかもず発天王寺行列車の増発(終発延長)
        23時49分なかもず発新大阪行(現在の最終列車)を23時47分発に変更し、0時02分なかもず発天王寺行の列車を増発します。これにより、なかもず発の最終列車が13分延長され、天王寺駅において、JR大和路線(JR難波行・王寺行)、阪和線(鳳行)及び近鉄南大阪線(河内天美行)の最終電車への乗り継ぎが便利になります。
     

上り なかもず発 千里中央方面行き 従来のなかもず23時49分発の最終列車を23時47分発に変更、その次に0時02分発の列車(天王寺行)を1本増発します。これにより13分延長になります。 終発 なかもず0時02分発 天王寺行0時20分着

       
   

 北大阪急行線のダイヤ改正に伴う変更
        23時40分江坂発なかもず行の列車を千里中央からの相互直通運転に変更します。
  また、北大阪急行線の終発延長により、千里中央発江坂行最終列車の江坂到着時刻が23時48分から23時56分となり、江坂23時57分発なかもず行の最終列車へは、ホームでお待ちいただくことなくスムーズに乗り換えできます。
     

1.下り 千里中央発 なかもず行 23時40分江坂発なかもず行の列車を、千里中央からの直通運転に変更します。これにより、千里中央23時30発 なかもず行0時23分着になります。(江坂駅の出発時刻は23時39分に変更) 2.下り 江坂駅における接続 北大阪急行線の終発延長により、御堂筋線の江坂発なかもず行最終列車への接続待ち時間が短縮されます。 接続待ち時間が約9分から約1分になります。

     
 

(3)

 その他
      千里中央方面行のあびこ始発の列車について、平日の7列車、土休日の4列車を、新金岡始発に変更します。
  また、御堂筋線のダイヤの改正に伴い、大国町駅での乗り継ぎ利便性を確保するため、四つ橋線の23時台の住之江公園発西梅田行の2列車について、発時刻を微調整します(平日・土休日)。
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved