新型車両200系を南港ポートタウン線に導入します ~南港のまちを元気に走り回る子供をイメージした車両が南港地域を彩ります~

 [平成27年6月12日]
   大阪市交通局は、平成28年4月(予定)から順次、南港ポートタウン線にニュートラム新型車両「200系」を導入します。
南港ポートタウン線への新型車両の導入は、平成3年に運行を開始した100A系以来25年ぶりで、平成28年度には計7列車(4両×7列車)が運行する予定です。
   新型車両のデザインは、南港ポートタウンの公園で元気に走り回る子供をイメージし、外観はカラーが異なる7色、車内は南港の自然をイメージした2種類で、見ても・乗っても「楽しい」車両で南港地域を華やかに彩ります。 
 
 ニュートラム新型車両
                   
  カラーバリエーション            
 
 

ピンク

レッド

オレンジ

イエロー

グリーン

ブルー

パープル

   
  ピンク レッド オレンジ イエロー グリーン ブルー パープル    
                   
  車内イメージ          
 
   
     内部イメージ(ピンク)  内部イメージ(グリーン)  
     車内イメージ(桜)  車内イメージ(公園)  
             ※掲載の画像はすべてイメージです。   
               

   また、車内設備には新たな取組みを行い、楽しさと優しさを両立した快い車内空間を提供します。多くの方にご利用していただくことで、「南港に住んでみたい」「南港に行ってみたい」と思えるような、地域の新たな魅力を伝えていきます。

 
200系開発コンセプト

   200系の開発にあたっては、「車内居住性・快適性の向上」「従来からの車両イメージの一新」「安全性・信頼性の向上」「省エネ・省コスト化」の4点をコンセプトとして定めています。 

                 
コンセプト  内容 

車内居住性・快適性の向上 

・座席配置を工夫することで、通路幅を拡大します。
・街の景観を楽しめるように、大型窓を採用します。
・客室照明をLED間接照明にすることで柔らかい雰囲気を醸し出し、優しい光で足元を照らします。
・新たな空調システムを採用し、快適な室内環境を保ちます。
・床面高さをホーム高さに近づけることで、乗降時の段差を減らします。
・乗降口上部に多言語表示の行先案内表示器を設置し、目的地などを分かりやすく表示します。 

従来からの車両イメージの一新

・何度でも乗りたくなるようなデザインの一つとして、7色の外観カラーで彩ります。
・室内デザインに桜と公園の2つのイメージをとりいれることで、皆に愛される南港ポートタウンの自然を表現します。
・車内に情報発信装置を設置し、南港の魅力を発信します。
安全性・信頼性の向上 

・車両と地上設備間の情報伝達方式をデジタル化することで、安全運行の信頼性を向上します。
・車両の各種機器からの情報をソフト処理することで、保安装置の安定性を向上します。
・モニタリング機能を充実させ、日々の安全走行が確認できる仕組みを強化します。

省エネ・省コスト化  ・省エネ機器を採用し、従来車両から約40%の消費電力を削減します。 
                   
 ※参考:歴代のニュートラム車両
100系車両 昭和56年の開業時に4両編成13列車が製作され、昭和61年に4両編成3列車が輸送力増強用として製作された。ともに鋼製車両で車体長は7.6メートル、幅は2.29メートルで片側1か所の出入口が設置されている。 (平成14年3月に最後の列車が廃車) 100系車両

100A系車両

(現行車両)

平成3年に輸送力増強用として4両編成2列車が製作され、その後、100系車両の更新用として4両編成15列車が製作された。この車両は高杭張力ステンレス鋼を採用して、無塗装化が図られている。連結妻部は妻窓を設置し、室内を広く感じられるようになっている。 100A系
 
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved