御堂筋線梅田駅のアーチ天井が完成します!~ほのぼのと優しい照明(ひかり)で癒しの空間~

 

[平成27年10月1日]

   平成27年10月6日(火曜日)、大阪市営地下鉄梅田駅のアーチ天井が完成します。

   梅田駅のアーチ天井は、昭和10年10月6日から、3度の大改修を経て、市民、ご利用者の皆さまと歴史を積み重ねてきました。

   このたび、80周年記念日にあたる平成27年10月6日から登場する4代目となるアーチ天井は、これまでの伝統あるフォルムを活かしつつ、斬新なデザインとほのぼのとした優しい照明で、より魅力的な空間に生まれ変わります。

   このほか、このリニューアルにあわせ、上り(新大阪・千里中央方面行)ホーム部に4Kの高画質映像に対応した65インチの動画広告デジタルサイネージ「梅田ホームビジョン」12面を設置します。

   また、同日から約1か月間、これまでのアーチ空間の歴史等を紹介するパネルを展示します。

 
梅田駅ホーム 梅田駅天井

完成後の梅田駅アーチ天井

 
1

梅田駅アーチ空間のデザインコンセプト等

  (1) コンセプト
    「日本の美、ほのぼの」 LIGHT&SHADOW
   

   新しく生まれ変わる梅田駅アーチ空間は、梅田駅のランドマークとして、また大阪の玄関口として「梅田駅にふさわしい、アーチ天井を活かした空間」をテーマに、歴史あるアーチ天井のフォルムを活かしながら、斬新な凸凹型の肌合いを持つ逆富士型の小型アーチを連続して配置し、天井と一体になった照明から放たれる光と影のコントラストと合わせて幻想的な空間を演出します。

   このたびアーチ空間を刷新することにより、斬新さによって日本を代表する「美」を、光と影のコントラストによってやさしく包み込む「ほのぼの」をお客さまに提供します。

       
  (2) リニューアルポイント
   

 天井と照明が一体となったデザインにより、今までにない斬新な空間をお客さまに提供します。

     光と影のコントラストによってお客さまをやさしく包み込む空間を演出します。
     LED照明と調光機能を採用し、約35%の省エネルギー化を図ります。
     調色機能を採用することで、朝夕は活気に満ちたイメージ、昼間は全体を和らげるイメージを演出します。
       
デジタルサイネージ「梅田ホームビジョン」
 
  • 65インチのデジタルサイネージ12面を設置します。
  • フルHDの4倍の高解像度である4K映像にも対応しています。
  • ホーム階に動画広告デジタルサイネージを設置する例は大阪圏では初めてです。
  • 大阪市営地下鉄最大規模の乗降者数(約44万人)である梅田駅において、デジタルサイネージによる美麗な映像の放映は、大きなPR効果を発揮します。
       
     
デジタルサイネージ柱 デジタルサイネージ正面

梅田ホームビジョン

 
3 パネル展
 
展示期間: 平成27年10月6日(火曜日)から約1か月間  
     
展示内容:

   梅田駅の建設工事や混雑緩和対策工事及び梅田駅アーチ空間部の歴史の変遷などをパネルで紹介します。

   また、建設工事に用いた建設資材(土留め矢板、建築仕上げ材)や供用中の構築から採取したコンクリートのサンプルなどを現物展示します。コンクリートのサンプルからは、建設後80年以上経過した現在でも構築が良好な状態にあり、地下鉄構造物の高い安全性を確認いただくことができます。

 
     
展示場所:

御堂筋線梅田駅 上り(新大阪・千里中央方面行)ホーム南側

 

【梅田駅アーチ空間の変遷】

 初代 昭和10年~昭和27年(照明:白熱灯シャンデリア)

初代天井

2代目 昭和27年~昭和42年(照明:蛍光灯)

2代目天井

3代目 昭和42年~平成26年(照明:蛍光シャンデリア)

3代目天井
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved