更なる快適性向上をめざした30000系デビュー

[平成28年10月13日]

10月20日(木)

市営地下鉄御堂筋線に快適性向上をめざした30000系車両がデビューします♪

 

平成28年10月20日(木曜日)、大阪市交通局は御堂筋線に車内の快適性を向上させた30000系第4編成の運行を開始します。

30000系第4編成は、平成26年以来2年ぶりの新造車両で、すでに導入している30000系車両をベースに、「都会のイメージの中に未来に向けて新たな風を盛り込んだデザイン」に車内を一新し、更なる快適性向上をめざした新装置を多数搭載しています。

今後、御堂筋線30000系車両は順次10系車両と置き換えていく予定です。

新30000系

 

○運行ダイヤ

  ・平成28年10月20日(木曜日)

  行先:千里中央行き

  なかもず駅1番線から 11時38分発で運行を開始します。

  なかもず駅には、11時06分に到着します。(扉は閉め、照明は消えています)

  なお、11時28分から乗降扱いを始めます。

  

 ・平成28年10月21日(金曜日)

  通常運行予定。

  

 ・平成28年10月22日(土曜日)、10月23日(日曜日)

  なかもず-千里中央往復運転

  

 ※当日の運行状況やトラブル等により運行の中止もしくは運行ダイヤの変更を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

運行ダイヤ

○車内快適性向上の主な取組み内容

【室内デザインの一新】

 都会的なイメージの中に、未来に向けて新たな風を盛り込んだデザインにしました。

一般車両

 
 
【風をイメージした仕切り】 【都会(ビルの窓)をイメージした乗降扉】
仕切り 側面扉
 【御堂筋のイチョウ並木を表現した床】
床
 

【女性専用車両の改良】

 当局女性職員へのアンケート及び女性のお客さまからのご意見をもとに、女性が利用しやすい女性専用車両を設計しました。

 女性車両
 

【一般車との配色を変更】女性専用車両をアピール

【荷棚の高さを低くして使いやすさを向上】 
仕切り 荷棚

【吊り手の高さを低い高さで統一】

吊り手
 

【新たな車内照明の開発】

 サーカディアンリズム※1にならった車内照明の制御に加え、幸せを感じるとも言われているさくら色を加えました(車内照明にさくら色を加えるのは国内初)。調色は5色に変化します。

 
白色 昼白色 しだれ桜 ソメイヨシノ 電球色
白色 昼白色 しだれ桜 ソメイヨシノ 電球色

※1 概日(がいじつ)リズムともいい、生物に備わる昼と夜を作り出す1日のリズムのこと。

※2 ソメイヨシノは、シャープ株式会社と共同で開発した照明色

 

【車内案内表示装置の大画面化】

 お客さまに次駅や行先などをお伝えしている車内案内表示装置を2画面一体として大画面化しました。行先や次駅などを分かりやすく表示できるとともに、動画広告、ニュース、天気予報※などの表示も可能な、新たな情報発信ツールです。

2in1表示器
  ※ニュース、天気予報の配信は平成29年度から始まります。 
 
 

【空気浄化装置(プラズマクラスター)の採用】

 通勤車両では国内初となる空気浄化装置(プラズマクラスター装置)を車内に配備しています。 

プラズマクラスター1プラズマクラスター2

※プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

 

【ロングシートの改革】

 快適な座り心地を追求した新幹線グリーン車と同等のシートでのロングシートを開発しました。

 (国内初)

 

【足元照明の採用】

 通勤車両で初めて、座席下をやさしく照らす「足元照明」を採用しています。

長椅子

10月20日(木曜日)

ニュートラム200系車両 第2編成がデビューします♪

今年6月にデビューしました200系車両の第1編成(ブルー)に続き、新たな彩を持った200系第2編成(イエロー)が運行を開始します。車体デザインが違った雰囲気となっています。

200系青 200系黄
200系試作車 200系第2編成
  ※ ニュートラム200系車両(第2編成)は、南港ポートタウン線中ふ頭駅から 7時40分発で運行を開始します(コスモスクエア行)
 

ニュートラム200系車両は今後も車体デザインの色を変更します。

○YouTube大阪市交通局公式チャンネルでは、30000系第4編成、200系試作車の車両紹介動画を配信中です。

【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved