ニュートラムの新造車両の外観デザインを沿線のデザイン系学校の学生・生徒より募集しました


[平成30年2月13日]
 
   大阪市交通局は、平成30年4月1日の株式会社化を迎えるにあたり、民営化後も変わらずお客さまに愛される車両とするための新たな取り組みの一つとして、ニュートラムの新造車両の外観デザインを沿線のデザイン系学校の学生・生徒より募集しました。
   募集にあたっては、現行の200系車両のデザインが「南港で元気に走りまわる子供たち」をイメージしたものであり、その形状は踏襲しつつ、車両という枠を超えた自由な発想を取り入れたデザインを施すことで、ニュートラムに新たな風を吹き込み、南港地区のさらなる活性化を目指すことを基本コンセプトにお願いしました。
 
採用作品


提案頂いた作品を6つの観点

①デザイン性、

②地域性、

③親しみやすさ、

④永らく愛されるか、 

⑤夢があるか(楽しくなるか)、

⑥デザインに込めた思い(コンセプト)

により総合的に評価した結果、以下の2作品を

ニュートラム200系の外観デザインとして採用します。

 ntall.jpg



 

 

【作品1】

     
 
medal.jpg 最優秀賞   学校法人 上田学園
大阪総合デザイン専門学校:チーム えぶりでぃ
坂本 聖羅 様・顏 郁棼 様・川添 慧子 様・藤田 知里 様・吉田 真幸 様
テーマ:自然キラキラ、みんなワクワク


★車両デザインのイメージ
 たこイメージ
画像クリックで拡大します。

【デザインコンセプト】

活気のある街と自然が解け合う南港
朝~夜への時間の流れやタコから波への変化

 


【評価ポイント:交通局】
南港を象徴的に表す自然と街並み、海と船や施設が優しいタッチで描かれ、南港の景色に馴染んで走行する姿が想像できました。
 また、全編成通して描かれた波模様が、実は南港でも捕れる「たこ」の足が変化したものという遊び心が込められており 、その独創性と、楽しさが感じられる点を高く評価しました。

 


【運行開始時期(予定)】 

  平成30年7月末 (200-17編成)

 


【作品2】 
     
 
medal.jpg 最優秀賞 学校法人 上田学園
大阪総合デザイン専門学校:三宅 唯奈 様

 


テーマ:南港に羽ばたく子供たちと四季折々の景色

 


★車両デザインのイメージ
子供たちイメージ
画像をクリックすると拡大します。

 


 


【デザインコンセプト】

   南港から見える様々な景色と、子供たちをテーマに制作しました。

   ポートタウン線は駅から海や海遊館が見えることから、海を連想させるカモメに乗った、楽しそうに景色を見渡す子供たちを描いています。

   背景には四季をイメージした色と季節に合わせたモチーフを入れ、四季の移り変わりを感じる動きのあるデザインにし、いつまでも飽きることなく愛されるデザインを目指しました。

   電車に乗った子供たちや、大人の方にも、このポートタウン線から見える景色を楽しんでもらえたら、という思いを込めて製作しています。

 


【評価ポイント:交通局】
ニュートラムの車窓から見える景色を、子供とかもめと一緒に旅しながら眺める様子が、ニュートラムに楽しく乗って頂きたいという思いと一致しました。また、可愛さ、優しさあふれる子供のデザインは、200系の元気に走り回る子供たちのイメージともリンクしている点を高く評価しました。


 


【運行開始時期(予定)】 

 

平成30年8月末(200-18編成) 
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved