地下鉄のバリアフリー

 近年の公共交通機関は、安全性・高速性とともに快適性を求められており、地下鉄がどなたにも快適にご利用いただけるよう、施設の改善などを積極的に進めています。

エスカレータ・エレベータ可動式ホーム柵多機能トイレ授乳室案内設備視覚障がい者誘導ブロック |幅広改札機
 身体障がい者対応型券売機・点字料金表二段手すり・点字案内折りたたみ式スロープ |転落防止装置
  車内乗車位置表示車内案内表示装置

 

各駅の設置状況はこちら


エスカレーター、エレベータータイトル

 大阪市がすすめる「ひとにやさしいまちづくり」の一環として、誰もが安心して利用できる地下鉄の実現を図るため、施設の改善に取り組んでおります。これまで、平成3年からのエスカレーター・エレベーター整備5か年計画、平成9年度からの「第2次ええまち計画」など駅のバリアフリー整備拡充を進めてきました。さらに、平成15年には「市営交通バリアフリー計画」を策定して、「全駅でエレベーターによるホームから地上までのワンルート確保と地下鉄間の乗り換え経路におけるワンルート確保に取り組んでおり、平成22年度末に地下鉄・ニュートラムの全133駅でホームから地上までのワンルート整備が完了しました。また、平成25年6月には地下鉄・ニュ―トラムの全ての乗換駅における乗換え経路のワンルートが完成しました。
 現在は、他社線やバスターミナルとの乗換え経路において、お客さまが多いなど利便性向上の必要性が高い駅についてエレベーターの整備に取り組んでいます。
 さらに、現状のエレベーター経路が長い距離を移動したり幹線道路を横断するなど、大変ご不便をおかけしている状況について、経路の改善を図ることとし、歩道に十分な設置スペースがあるなど、一定の条件を満たした駅について、平成25年度より新たに整備に取り組んでいます。

エスカレーター画像

エレベーター画像

各駅の設置状況はこちら

ワンルート画像

 

1 プラットホームから改札階

2 改札階から地上へ

この移動をエレベーターで行えるのがワンルートです
(左図参照)

▲このページの先頭に戻る
可動式ホーム柵タイトル

天王寺ホーム柵.gif

 お客さまのプラットホームから線路への転落事故や、列車との接触事故を防止するため、平成18年度に開業した今里筋線の全11駅に可動式ホーム柵を導入しました。また、既設路線では、平成22年度から平成23年度の間に長堀鶴見緑地線の全17駅に、平成26年度には千日前線の全14駅に設置しました。

 更に、御堂筋線においては、平成27年2月に天王寺駅、平成27年3月に心斎橋駅に可動式ホーム柵を設置しました。

 可動式ホーム柵情報はこちら

▲このページの先頭に戻る
多機能トイレタイトル

多機能トイレ画像

 車いす利用の方もご利用いただきやすいトイレをはじめとし、オストメイト用水洗装置、ベビーベッドなどを備えたトイレの整備に努めています。
 広い空間の確保に努めていますので、お子様連れのお客様にもご利用頂けやすいトイレです。

車いす・シート・オストメイト対応トイレ及び授乳室設置駅 (560KB; PDFファイル)
▲このページの先頭に戻る
junyu-shitsu.gif 

授乳室入口.gif
授乳室入口

 交通局では、授乳やおむつ替えの場所の心配から、外出を控えがちになる乳幼児をお連れの市民・お客さまが、安心して地下鉄をご利用いただけるよう、また社会参加が出来るように支援することを目的とする「子育てバリアフリー」の一環として、授乳室を試験的に御堂筋線天王寺駅と長堀鶴見緑地線京橋駅の2駅に設置いたしました。ご利用状況やご意見を頂戴し、今後の整備について検討してまいります。

おむつ交換台.gif
おむつ交換台

授乳用ソファー.gif
授乳用ソファー

▲このページの先頭に戻る
案内設備タイトル

トイレ前音声案内画像
トイレ前音声案内

トイレ前点字案内画像
トイレ前点字案内板

  案内設備として、駅全体の案内となる触知図やトイレ前の点字案内板・音声案内、出入口付近の音案内、旅客案内表示装置を設置しています。

音声案内付点字触知図画像
音声案内付点字触知図

音声誘導画像
音声誘導装置

旅客案内表示装置画像
旅客案内表示装置

▲このページの先頭に戻る
視覚障害者誘導ブロックタイトル

誘導ブロック
誘導ブロック

05 視覚障害者誘導ブロック.jpg
警告ブロック・内方線

 地下鉄出入口から地下ホームの乗降口まで、点字誘導ブロックによる導線の誘導をしています。また、ホーム部では、点字警告ブロックのどちら側が安全であるかが容易に分かるように内方線の設置を進めています。
内方線の敷設についてはこちら
▲このページの先頭に戻る
幅広改札機タイトル

幅広改札機画像

 ひとつの改札機の通路幅を通常より広くし、車いすを利用されているお客様や大きな荷物をお持ちのお客様でも容易に通行できるようにしています
▲このページの先頭に戻る
身体障害者対応型券売機タイトル

身体障害者対応型券売機画像

 車いすを利用されているお客様も利用しやすいように蹴り込みを設けています。
▲このページの先頭に戻る
二段手すりタイトル

二段手すり画像

 手すりの2段化・連続化を進め、高齢のお客様などがご利用いただけやすいようにしています。また、点字シールによる案内も行っています。
▲このページの先頭に戻る
折りたたみ式スロープタイトル

06 折りたたみ式スロープ.jpg

 全駅において、折りたたみ式スロープを整備しており、車いすのご利用のお客様にも地下鉄を安心してご利用いただけるようにしています。
▲このページの先頭に戻る
車いすスペースタイトル

車いすスペース画像

 各車両一か所の車いすスペースの確保を現在進めています。また、このスペースには対話式の非常通報装置を設けています。
▲このページの先頭に戻る
転落防止装置タイトル

転落防止装置画像

   可動式ホーム柵やホームドアの整備ができていない路線では、お客様の転落防止対策として車両の連結部に保護柵を設けています。
▲このページの先頭に戻る
車内乗車位置表示タイトル

車内乗車位置表示画像

   目の見えないお客さまが、車内の乗車位置を確認できるようにドアの内側に点字と車両・扉位置を地図的に表した凸面の集合を用いて乗車位置の表示をしています。
▲このページの先頭に戻る
車内案内表示装置タイトル

車内案内表示装置画像

   列車の走行にあわせて、次駅名や行先等を表示する車内案内表示装置を各車両の乗車口上部に設置しています。
 また、ドアの開閉に連動して鳴動するチャイムも設けています。
【大阪市交通局】 〒550-8552 大阪市西区九条南1丁目12番62号(地図)   電話番号:(各担当の電話番号等はこちらから  
Copyright(c) Osaka MunicipalTransportation Bureau Allrights reserved